So-net無料ブログ作成
検索選択
前の20件 | -

コリアンダー [我が家の庭]

5月24日

数日前の夕空

2017-5-21夕空-12%.jpg



お決まりで6時に月見草開花

2017-5-24-0月見草-12%.jpg




好みの良し悪し顕著ながらも今人気の

コリアンダー

2017-5-24-4パクチー-1-12%.jpg


東南アジア原産のセリ科

家庭栽培で緑野菜補給しています


台湾では「シャンツアイ」

タイでは「パクチー」

色々の名で呼ばれています


2017-5-24-5パクチー-2-12%.jpg





白花の京鹿の子

2017-5-24-3白花京鹿の子-12%.jpg






ムシトリナデシコ

2017-5-24-6ムシトリナデシコ-12%.jpg





唐種招霊・カラタネオガタマ

2017-5-24-7カラタネオガタマ-12%.jpg


バナナの香りを放散していた我が家で最後の花です




金糸梅・キンシバイ

2017-5-24-1キンシバイ-1-12%.jpg



蕾が膨らんできました


この花が咲くと梅雨入りとなります


もうそんな時期なのですね


昨年は6月5日に開花しました


今年は6月の何時開花でしょう

2017-5-24-2キンシバイ-12%.jpg





では又
nice!(26)  コメント(6) 

月見草 [我が家の庭]

5月20日

真夏日の暑さ

今や異常気象とはいえない状態の天候です


「3時の花」という花がありますが

庭の月見草は

何時も夕方6時に開花します


正に「6時の花」であります

晴れているとストロボを使用せずに撮影できます


2017-5-19-2月見草-12%.jpg



翌朝 早々にピンク色に変色して萎んできます


2017-5-20-1月見草-12%.jpg



以前、種を分けて植えていた写真仲間

夜は外に出ないので

「開花から赤い色の花と思っていた」と写真の会の時に話して大笑い



夜9時頃が最盛期であります



やがて赤味を増して萎んでいき結実の準備の時期となります


20175-20-2月見草-12%.jpg



では又
nice!(18)  コメント(8) 

立てば芍薬 [東京都立神代植物公園]

5月18日


14日(日)神代植物公園の続きです

水生植物園から本園に戻り


薔薇園へ

2017-5-14-12薔薇園-1-12%.jpg


日曜日の「薔薇フェスタ」とは言え


この混み様には聊か驚き


薔薇を観賞して憩うという雰囲気は微塵もない


2017-5-14-13薔薇園-2-12%.jpg




薔薇園の端の花を数枚撮影


花名は省略

2017-5-14-14薔薇-12%.jpg





2017-5-14-15薔薇-12%.jpg






2017-5-14-16薔薇-12%.jpg






2017-5-14-17薔薇-12%.jpg






2017-5-14-18薔薇-12%.jpg



今気が付いたが剣弁の花の写真がない


無意識に丸弁の花に気を取られていたようであります


香りを嗅ぐ気もなく薔薇園を通り過ぎ


芍薬園に移動しました


「立てば芍薬」と言われます


2017-5-14-19芍薬-12%.jpg


牡丹は葉の上に座るように花が咲いていますが

芍薬は茎が長く花を咲かせています

「立てば芍薬 座れば牡丹」

美人の姿態の表現と言われます


2017-5-14-20芍薬-12%.jpg




この日は騒音の植物園から早々に退出いたし帰宅しました



では又

nice!(18)  コメント(5) 

栴檀と河骨 [東京都立神代植物公園]

5月15日

14日に曇りですが日中晴れ間もあるという予報でしたので


神代植物公園に出掛けました

予報は外れて一日中曇り

肌寒い日でした


薔薇園では薔薇祭りがあり大勢の人が押し寄せていました

2017-5-14-1神代植物公園正門-12%.jpg



薔薇園の人混みを避けて


この日の第一目標

栴檀の花を見物

2017-5-14-2センダン-1-1-12%.jpg





2017-5-14-3センダン-2-12%.jpg





2017-5-14-4センダン-3-12%.jpg





2017-5-14-5センダン-4-12%.jpg





2017-5-14-6センダン-5-12%.jpg



久しぶりに花盛りの栴檀を堪能して


水生植物園のコウホネを見に


2017-5-14-7水生植物園-12%.jpg


賑やかにお喋りをしながらここに来た数人の御婦人方が

「花は何もないじゃない」と不満の声を挙げていました


色々な草花があるのにな~~~

薔薇園を見て来た序でに寄られたのか

華やかな彩りを期待しておられたよう



それはさて置き

睡蓮の花を見たり目的のコウホネを見物に


2017-5-14-8コウホネ-1-12%.jpg





2017-5-14-9コウホネ-2-12%.jpg





2017-5-14-10コウホネ-3-12%.jpg




ここで緑の景色を見ながらお昼の弁当を食べ


本園の薔薇園へ


次回に続きます


では又

nice!(24)  コメント(8) 

春の日帰り旅行 4 [浅草伝法院]

5月13日

水上バスの隅田川旅行を終えて

浅草上陸


浅草松屋前


観光客の混雑に驚く

そして浴衣紛いの着物姿が氾濫

京都の着物レンタルは見ていたが浅草でも、と驚く


浅草寺仲見世通りの混雑の人の波を踏み分けて

浅草寺境内伝法院へ

何時も非公開の庭園を見たいものと思っていた


庭園特別拝観が行われていました


2017-4-25-26伝法院-12%.jpg

開園は5月8日で終わりました


2017-4-25-27-18%.jpg




2017-4-25-28-18%.jpg




2017-4-25-29-18%.jpg




2017-4-25-30-18%.jpg

大書院  お茶接待がありました




2017-4-25-31-18%.jpg




2017-4-25-32-18%.jpg





2017-4-25-33-18%.jpg





2017-4-25-34-18%.jpg




庭園を見終わり浅草寺本堂前に

2017-4-25-35-18%.jpg

4時近くなりました

幾らか人の混雑に隙間が見えてきました


平日ながら何とも賑やかな浅草寺境内でありました


日帰り旅行がわりました


我が家の庭では

ムシトリナデシコが咲いていました


2017-5-11虫取り撫子-12%.jpg




では又
nice!(14)  コメント(4) 

春の日帰り旅行 3 [隅田川]

5月9日

4月25日の日帰り旅行を続けます


その前に我が家の庭の花を一枚


7日の夕方「月見草」の一番花が咲きました

2017-5-7月見草-12%.jpg


花弁が黄色いマツヨイグサを月見草と呼んでいることがありますが

この白い花が月見草の本種です

絶滅危惧種で自生地は殆ど見られないのではないかと言われております


現在は栽培により保護されているのが普通です



それでは我が家の日帰り旅行の続きで

隅田川の水上バス体験


2017-4-25-21水上バス-18%.jpg





2017-4-25-22-18%.jpg



自然と思い浮かべるのが

「春のうららの隅田川
 のぼりくだりの船人が
 櫂のしずくも花と散る
 ながめを何にたとふべき

明治23年、武島羽衣氏の作詞

作詞家より滝廉太郎の作曲として記憶されている名曲

題が「花」

「花」という題でありながら具体的な花の名前が出てきません


歌詞の2番目に「桜木」という語があるので

隅田川の桜並木に魅了されていたのでしょう


花と言えば「桜」 「花見」と言えば「桜見物、桜の下での宴会」


今も隅田川の桜並木は有名

その時期の水上バスも賑わいでありましょう

この日の乗船客は7割ほどでした


2017-4-25-23-18%.jpg




赤い鳥居は佃島の住吉神社の鳥居でしょうか

2017-4-25-24-18%.jpg





新旧二つのモニュメント

2017-4-25-25-18%.jpg



手前の金の物体は某ビール会社のモニュメント

初めて見た時は「孫悟空の筋斗雲(きんとうん)か?あるいは〇〇〇」を連想

何とも異様な感じでした

そして後方の現代の異物のタワー

東京タワーの優雅さに対比して威風堂々の豪快さ

どちらも私は未だに馴染めません


そんなことで終着浅草に上陸


浅草寺境内へ


続きます


では又





nice!(24)  コメント(9) 

春の日帰り旅行 2 [浜離宮恩賜庭園]

5月7日

立夏を迎え夏本番となりますが


ブログは春の一日を続けます


浜離宮恩賜庭園花木園を通ります


2017-4-25-11-18%.jpg





2017-4-25-12.-18%.jpg





2017-4-25-13-18%.jpg


何か見つけたよう


我が家の家族の植物園などの見物はこんな調子


苑内巡り1時間という所は3時間


2時間で巡れますという所は昼食をとってほぼ小一日



しかし、この日は水上バスで春の隅田川の旅が控えているので

先を急ぎます



見つけた花は

2017-4-25-14-18%.jpg


何でしょう




2017-4-25-15-18%.jpg





踊子草の群生でした






2017-4-25-16-18%.jpg




2017-4-25-17-18%.jpg





2017-4-25-18-18%.jpg






2017-4-25-19-18%.jpg


庚申堂鴨場前を通り予定時間に水上バス入口へ到着


2017-4-25-20-18%.jpg



水上バスの旅は次回へ


では又
nice!(18)  コメント(3) 

春の日帰り旅行 1 [浜離宮恩賜庭園]

5月4日

4月下旬

今年の春の家族旅行は遠出が出来なかったので

近間の日帰りを計画

隅田川水上バスに乗ってみたいと言う事になり


浜離宮恩賜庭園からの出発となりました


浜離宮庭園は初めて

都営地下鉄汐留から浜離宮庭園へ


中の御門から入園

2017-4-25-1-1中の御門-18%.jpg




2017-4-25-1-4浜離宮地図-20%.jpg

2017-4-25-1-6浜離宮地図-20%.jpg



都会の高層ビルに囲まれた庭園ながら意外と静かな雰囲気でした


2017-4-25-2-18%.jpg




背景にビルの姿が見えない場面を探すがどうしてもビルが入ってしまう


2017-4-25-3-18%.jpg






2017-4-25-4-18%.jpg





2017-4-25-5-18%.jpg


牡丹園がある


ビルの背景に拘るのを諦めて観覧


2017-4-25-6-18%.jpg





2017-4-25-7-18%.jpg





2017-4-25-8-18%.jpg






2017-4-25-9-18%.jpg






2017-4-25-10-18%.jpg




欧米系の外国人の方が日本人より多い様に見えましたが


ある国の方たちの賑やかな団体様とは違い

静かな園内巡りでした



※続きます



では又



nice!(18)  コメント(7) 

ヒトツバタゴなど木の花探索 [東京都立神代植物公園]

4月30日

「あ~~~」と溜息

早や4月最終日


間も無く立夏を迎える



庭の羽衣ジャスミンに一番花が咲きました

2017-4-30羽衣ジャスミン-12%.jpg





鈴蘭は元気に二本目を伸ばしています

2017-4-29鈴蘭-12%.jpg


近年花屋さんで売られているのはドイツスズランが本流


ドイツスズランは花茎が葉の上まで伸びており

日本の鈴蘭より少し太めで丈夫な性質らしい



日本の鈴蘭は、葉に寄り添うように楚々として

葉の上に花茎は出ない


別名「君影草」とは何ともお淑やかで優雅な名前であります





さて、今回の主題は木の花


4月28日

深大寺へ


ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)の花を見て来ました


深大寺境内に咲く名物の花です

2017-4-28-1深大寺ヒトツバタゴ-1-12%.jpg





2017-4-28-2ヒトツバタゴ-12%.jpg





2017-4-28-3ヒトツバタゴ-12%.jpg




この後、神代植物公園へ

2017-4-28-5神代植物公園本園-12%.jpg





ユリノキ

2017-4-28-6ユリノキ-12%.jpg


モクレン科の大木です


未だ花の本番前のようで花を探すのに苦労しました


高い位置の枝で2輪咲いているのを漸く見つけました



2017-4-28-7ユリノキの花-12%.jpg



ユリノキの植物名の由来は諸説ありますが


花がチューリップの花に似ているので

「チューリップツリー」の別名があり、こちらの名が相応しいです





ハンカチノキ

2017-4-28-8ハンカチノ木-12%.jpg


2個の苞がハンカチに似ているところからの命名



20数年前、写真の会の撮影会でこの木が植栽されて

初めて一輪開花したという日に偶然遭遇した思い出の木です



そして写真の師匠が体調不良ながらも撮影会に参加し

この木の下で集合写真を撮りました


それが師匠が参加した最後の撮影会でした


毎年この時期この木の下で当時を偲んでいます



紅花トチノキ

2017-4-28-9ベニバナトチノ木-1-12%.jpg



この木も師匠が元気な時に案内してくれた思い出の木です



2017-4-28-10ベニバナトチノ木-2-12%.jpg





長閑な花探索の一日でした


2017-4-28-11長閑な雲-12%.jpg



では又
nice!(30)  コメント(7) 

鈴蘭開花 [我が家の庭]

4月27日

我が家の庭でもスズランが開花

2017-4-27-1鈴蘭-12%.jpg

葉に寄り添うように花が生えるので

「君影草」(きみかげそう)などとロマンチックな別名があるが


全草毒性で牛馬は食べないので幸い草原に群生する



近年、ドイツスズランが園芸店で売られているが

花が葉の上まで伸びて咲く

比較的丈夫なのでもてはやされているようです



近頃「今さらなにを?」と思っているのは

華鬘草(けまんそう)の花

2017-4-27-2華鬘草-1-12%.jpg


花が連なっている様を鯛が吊るされているようなので

別名通称「鯛釣り草」と呼ばれています


2017-4-24-2華鬘草-2-12%.jpg


植物は何らかの理由があって形が作られていますが


この花はなにを目的に花が連なっているのでしょう



花が繋がりながら茎が伸びていくのが不思議でしょうがないのです


花穂などは花が咲き始めると早く咲いた花は萎れていきながら次の花を咲かせて成長していきます


タイツリソウは花をぶら下げたまま伸びていくのです


2017-4-27-4華鬘草-3-12%.jpg


こんなことで頭を悩ませているのは幸せな事です



都忘れ

2017-4-27-5都忘れ-13%.jpg


江戸時代にすでに栽培されていたという記録があるそうです


ミヤマヨメナから育成された観賞花と言われています


花名は諸説あり、どれが正統か分かりません


一説には佐渡に流された貴人が庭に咲いているこの花を観賞していて

都の事を忘れようとしたとありますが


その貴人は少し時代が合いません

これも又花名で悩ませる植物です



母子草

2017-4-27-6母子草-12%.jpg

冠毛がほおけ立ち「ほおこぐさ」が「ハハコグサ」と変じたとか

これが定説でしょうかね?



では又
nice!(13)  コメント(4) 

都忘れ咲く [我が家の庭]

4月22日

北国では降雪の予報があるが

春本番の当地では

狭庭のあちこちに花を見る


都忘れ 

2017-4-22-1都忘れ-12%.jpg




アマドコロ 

2017-4-21-1-2アマドコロ-12%.jpg




華鬘草

2017-4-21-2華鬘草-1-12%.jpg





黄エビネ

2017-4-22-2黄エビネ-1-12%.jpg




2017-4-22-3黄エビネ-2-12%.jpg






芹葉飛燕草

2017-4-22-4芹葉ヒエンソウ-1-12%.jpg




2017-4-22-5セリバヒエンソウ-2-12%.jpg




碇草

2017-4-22-6イカリソウ-12%.jpg





《おまけ》

春の山椒

2017-4-22-7山椒-12%.jpg




2017-4-22-8-12%.jpg




2017-4-22-9-12%.jpg





2017-4-22-10-12%.jpg




2017-4-22-11-12%.jpg
nice!(15)  コメント(5) 

秋の「千本槍」 春に変身して「紫たんぽぽ」 [東京都立神代植物公園]

4月19日

連日の夏日

今日は26℃

3月29日神代植物公園の野草園でセンボンヤリの春の花の蕾を確認

2017-3-29-1ムラサキタンポポ-18%.jpg


秋の千本槍

2006-11-05-千本槍-10%.jpg2008-11-22-センボンヤリ-70%.jpg




3月29日 気温が上がり昼過ぎに再度確認

2017-3-29-2ムラサキタンポポ-18%.jpg


1年に2度 しかも全く違った姿で花を咲かせる

まこと不思議な植物です

2017-3-29-3ムラサキタンポポ-1-18%.jpg

未だ白い花弁で開花していますが

この後赤紫の色が現れます


2017-3-29-4ムラサキタンポポ-18%.jpg


花名が「紫タンポポ」と呼ばれます


4月5日

2017-4-5ムラサキタンポポ-12%.jpg




4月12日

残念ながら来園のタイミングが遅くなり

花が萎み始めておりました

2017-4-12-1-1ムラサキタンポポ-12%.jpg



花名札が書き換えられていました

2017-4-12-1-2ムラサキタンポポ名札-12%.jpg



観察の為3月下旬から毎週訪れての結末であります



では又


nice!(24)  コメント(10) 

春の嵐去り 牡丹咲く [我が家の庭]

4月18日

昨夜から明け方まで強い南風に雨が吹く付けていた


明けて気温が上がり夏日の暑さ


庭の牡丹が雨の雫を載せて開花しました


2017-4-18-1牡丹-12%.jpg





華鬘草 けまんそう

2017-4-18-2華鬘草-12%.jpg

別名 タイツリ草の花名が馴染みがあります


葉が牡丹の葉に似ているので

「瓔珞牡丹(ようらくぼたん)」の花名もあります

「瓔珞」とは仏像の天蓋に飾る仏具の事です





水仙文目(すいせんあやめ)も気温が上がり急に開花しました

2017-4-18-3水仙アヤメ-1-12%.jpg



2017-4-18-4水仙アヤメ-2-12%.jpg




《おまけ》

唐種招霊(カラタネオガタマ)・唐招霊

2017-4-16-1カラタネオガタマ-12%.jpg

開花するとバナナの香りが漂います


寺院境内などに植えられているそうです


植物園などでは花が地味なので殆ど無視されています


香りは可なり強いです


庭一面、道路まで香りが広がっています


2017-4-16-2カラタネオガタマ-2-12%.jpg




では又





nice!(17)  コメント(5) 

ミツガシワ・三槲 [東京都立神代植物公園]

4月13日

漸く春の陽光

12日、桜の開花時期に合わせて花を見せる

ミツガシワ(三槲)の様子が気になり出かける

神代植物公園の水生植物園

2017-4-12-1水生植物園-12%.jpg


本園は桜見物で賑わっていることでしょう


こちらは人もまばらで静かな雰囲気で花探索



ミツガシワ、予想外に成長が遅いようで

漸く小さな花穂が見られる状態でありました


2017-4-12-3水芭蕉-20%.jpg





2017-4-12-4水芭蕉-15%.jpg






水芭蕉

2017-4-12-2水芭蕉-12%.jpg





これも水生植物の花

蛭莚・ヒルムシロ

2017-4-12-5ヒルムシロ-1-12%.jpg




2017-4-12-6ヒルムシロ-2-12%.jpg





射干 シャガ

2017-4-12-7シャガ-12%.jpg





山モミジ

2017-4-12-8山モミジ-12%.jpg

花見で賑わう中で殆ど無視されているモミジの花

「モミジに花があるの?」と問い掛けてくる人もいる




春の野草を探索して本園へ

2017-4-12-9山桜-12%.jpg



では又
nice!(25)  コメント(9) 

カタクリ見物 [調布市野草園]

4月10日

5日、桜満開で賑わう神代植物公園を避けて

その近くの調布市野草園でカタクリ見物をしてきました

2017-4-5-12-12%.jpg


貴重なカタクリの自生地です


訪れる人が押し寄せることもなく

静かに観賞できるところなので

毎年来ております

帰りには気が向けば神代植物公園に寄ることがあります


2017-4-5-13カタクリ-12%.jpg

自生地なので色々な野草が混在しております



2017-4-5-14-12%.jpg






2017-4-5-15-12%.jpg





2017-4-5-16-2-18%.jpg





では又
nice!(23)  コメント(4) 

庭の一人静が賑やか [我が家の庭]

4月3日

今日は暖かい穏やかな日和

久しぶりのんびりと庭の花撮影



一人静 ひとりしずか

2017-4-3-1-2一人静-12%.jpg



ある人が言いました

「独りじゃない?」

一株ひっそりと生えている野草だと思っていたそうです


2017-4-3-1一人静-12%.jpg


両袖を広げたような葉の広がりの時期

白拍子の舞姿を連想しての花名です

再掲の機会があると思います




姫烏頭 ひめうず

2017-4-3-2ヒメウズ-12%.jpg

キンポウゲ科 オダマキ属の植物です




碇草 いかりそう

2017-4-3-3イカリソウ-12%.jpg





芙蓉カタバミ ハナニラ

2017-4-3-4芙蓉カタバミ-1-12%.jpg


ブログ友の「いろはさん」から昨年秋に苗を頂いたものです

※いろはさん、有難うございます

カタバミの葉の中から一輪出てきたので疑う事もなく花名を挙げてしまいました

大変失礼いたしました


2017-4-3-5芙蓉カタバミ-2-12%.jpg





何処から来たのか風に吹かれて着床した

仏の座です

2017-4-3-6仏の座-12%.jpg



春らしい春の日和が続いてほしいです



では又

nice!(18)  コメント(5) 

冬が来た!!! [我が家の庭]

4月1日

新春・新年度

「冬が来た~~~~」


「うそぉ~~~~~」


「嘘じゃない。本当ですよ!! 真冬の寒さです~~」



暖房フル回転





フキノトウ その後

2017-3-30-1蕗の薹雌株?-12%.jpg



雌雄異株と言うが区別が分からないので図鑑を頼り


花は雌花は白く、雄花は黄色っぽい


雌株は草丈50㎝程に伸び白い冠毛を作る


雄株は花が終ると枯れてしまうとか


植物も昆虫も雄は子孫を残す作業が終ると用済みの様


カマキリなどは雌が雄を食べて栄養を補給するそうであります


男の宿命でしょうか


蕗の雌花

2017-3-30-2蕗の花雌花?-12%.jpg




では又






nice!(15)  コメント(4) 

イカリソウ一番花 [我が家の庭]

3月27日

午後後半雲が切れて

飛行機雲の痕跡の見える空が現れました


2017-3-27-1-12%.jpg


上空は未だ寒気が居座ているよう

2017-3-27-2-12%.jpg



予報では冷え込みから解放されそう



この寒さの中

碇草の一番花が開花していました

2017-3-27-3イカリソウ-12%.jpg





牡丹の蕾が膨らみ始めました

2017-3-27-4牡丹蕾-12%.jpg




春風駘蕩  しゅんぷうたいとう

待ち遠しいですね



では又
nice!(19)  コメント(3) 

辛夷やカタクリが咲きました [東京都立神代植物公園]

3月26日


なんと言う事か真冬並みの寒さ

冷たい雨が一日中

奥多摩方面では雪が降ったよう


昨日は日和も良く神代植物公園へ出かけました


2017-3-25-1神代植物公園-12%.jpg




春蘭

2017-3-25-2春蘭-12%.jpg





辛夷(こぶし)が満開

2017-3-25-3辛夷-1-12%.jpg




2017-3-25-4辛夷-2-12%.jpg





カタクリの花が既に花期の後半、盛りを過ぎたように咲いていました

2017-3-25-5カタクリ-1-12%.jpg




2017-3-25-6カタクリ-2-12%.jpg






2017-3-25-7カタクリ-3-12%.jpg





2017-3-25-8カタクリ-4-12%.jpg






桜の古木

2017-3-25-9桜古木-12%.jpg


花が5輪咲くと「開花宣言」を出すそうなので


2017-3-25-10桜開花-12%.jpg

こちらでもいよいよ桜祭りの賑わいとなりましょうか



温室に寄りました


目的はヒスイカズラを見るためでした


2017-3-25-11ヒスイカズラ-12%.jpg



睡蓮を見て帰路に

これは熱帯スイレンです

2017-3-25-12睡蓮-1-12%.jpg




2017-3-25-13睡蓮-2-12%.jpg




では又
nice!(17)  コメント(4) 

編み笠百合 [我が家の庭]

3月22日

4月の陽気と思っていたら

昨日は真冬の9℃の寒さ


そして今日は晴れたが北風が強くて風が冷たい


衣装の身支度に戸惑う


バイモの蕾がヒヨドリに啄まわれ


19日午前に残りの花を撮影


ところが


お昼の食事をしている間に花まで食いちぎり

ほぼ全滅


アット言う間の出来事でした


ヒヨドリの完勝


小鳥が飛来すると言う事は「ここが安全地帯である」と言う事か



半ば諦めながら花も蕾もない草の立ち姿を眺めています



2017-3-19-1編み笠百合-12%.jpg



バイモの全姿


茎の先端に昆虫の触覚の様な、先が丸まった3本の葉があるのがこの花の特徴



バイモ(貝母)の花名は 

                                          
地下に隠れている鱗茎が貝に挟まれているような姿からの漢名の読み名


2017-3-19-2参考バイモの根-13%.jpg




花が開くと花弁の内側に網目模様が見える


そして

「編み笠百合」と呼ばれます

図鑑では索引で「アミガサユリ」の名を優先しているのがあります


2017-3-19-3編み笠百合-12%.jpg





キクザキイチゲが開花して1週間経ちました

2017-3-19-4キクザキイチゲ-12%.jpg



では又




nice!(17)  コメント(3) 
前の20件 | -
メッセージを送る