So-net無料ブログ作成

狸豆 [東京都立神代植物公園]

9月28日

月末は出かけるので

神代植物公園の続きを今回で終わらせます



お昼のチャイムが鳴ったので狸豆の生えている場所へ移動


実は

11時頃、未だ開花していない状態を確認していました


予定通りの目覚めであろうと推察




野草園を散策しながら現地へ



秋桐 アキギリ  シソ科 アキギリ属

2015-9-22-21アキギリ-12%.jpg




黄花秋桐  キバナアキギリ

2015-9-22-22キバナアキギリ-12%.jpg

背後に葉がハート形の「信濃秋桐」が見えますが花がありませんでした





山白菊 ヤマシロギク (別名 田舎菊)

2015-9-22-23白山菊-12%.jpg





霜柱 シモバシラ シソ科

2015-9-22-24シモバシラ-1-12%.jpg

冬、晴れて冷え込んだ朝、

枯れた茎から毛細現象で地中から水気が噴き出て、霜の造形を見せるところからの命名



2015-9-22-25シモバシラ-2-12%.jpg





オケラ キク科

2015-9-22-26オケラ-12%.jpg





いよいよ待望の狸豆と対面

狸豆 タヌキマメ  マメ科

2015-9-22-27狸豆-1-12%.jpg

今年は来るのが一週間遅かったようで

少し成長し過ぎ、形が疎らでした


来年又時期を見計らい見に来ることに


草丈が低いと、まるで蓑を纏った姿が見られるのです

2015-9-22-28狸豆-2-12%.jpg




2015-9-22-29狸豆-3-12%.jpg



これにて神代植物公園での花探索を終わります


お付き合いありがとうございました


次回の更新は10月になります

十六夜の月 スーパームーン

P9280080-2-18%.jpg



では又
nice!(19)  コメント(9) 

秋桜 [東京都立神代植物公園]

9月27日

野草園散策

今回の来園の第一の目的は「狸豆」に会う事でした

この狸豆、寝坊な花でお昼にならないと目覚めません

その間野草園などあちこち花探索をしてお昼を待ちました



雁金草  カリガネソウ シソ科(←クマツヅラ科)

2015-9-22-12カリガネソウ-12%.jpg

雁金草が満開で見惚れていました

傍を次々と人が無言で通り過ぎていきます

雁金草に全く関心が無いようでした

折角、野草園を歩いているのに勿体ないような気になりました





秋海棠  シュウカイドウ科

2015-9-22-13秋海棠-12%.jpg




彼岸花  ヒガンバナ科

2015-9-22-14彼岸花-1-13%.jpg




2015-9-22-15彼岸花-2-12%.jpg





白花曼珠沙華

2015-9-22-16白花曼珠沙華-12%.jpg




白花秋明菊 白花シュウメイギク キンポウゲ科

2015-9-22-17白花シュウメイギク-12%.jpg




紫苑 シオン  キク科 シオン属

2015-9-22-18紫苑-12%.jpg




秋桜 コスモス  キク科 コスモス属

2015-9-22-19コスモス-1-12%.jpg





2015-9-22-20コスモス-3-12%.jpg



お昼のチャイムが鳴りました

それでは

狸豆の生えている野草園第二ステージへ



続きます


では又
nice!(10)  コメント(3) 

ダリア [東京都立神代植物公園]

9月25日


連休の一日久しぶりに神代植物公園に行って見ました

2015-9-22-1神代植物公園入口-12%.jpg



ダリア園

2015-9-22-2ダリア園-12%.jpg




2015-9-22-3-12%.jpg




2015-9-22-4-12%.jpg




2015-9-22-5-12%.jpg




2015-9-22-6-12%.jpg




2015-9-22-7-12%.jpg




2015-9-22-8-12%.jpg




紫夏藤

2015-9-22-9紫夏藤-12%.jpg



2015-9-22-10紫夏藤-12%.jpg




野草園に移動

?の虫 アカスジキンカメムシの幼虫  (桜台のスミレさん有難うございます)

2015-9-22-11玉虫の仲間?-12%.jpg

テントウムシか、カメムシの仲間でしょか?

ご存知の方が居られましたら教えてください


次回は野草園の花探索です



では又

nice!(21)  コメント(6) 

秋分草(花名が『しゅうぶんそう』なんです) [石神沢]

9月21日

「敬老に日」である

老人を敬う日だそうであるが、どんなことで実感することがあるだろう

電車、バスで席を譲られる時一番感じる事であります

若いつもりでも姿かたちが老人と判断されるらしい

年金暮らしが厳しくなってきています



空には秋の雲が

2015-9-20秋の雲-12%.jpg




さて

今日も「石神沢」の続きです

デジカメのバッテリーが赤信号のまま
 
シャッターは「一草一発」


結構赤信号でも枚数撮れるものと感心しながら

思わぬ副産物の感動を憶えながらの撮影でした




ツユクサ

2015-9-15-27露草-12%.jpg





秋の田村草  シソ科

2015-9-15-28秋の田村草-12%.jpg





ゲンノウショウコ  フウロウソウ科

2015-9-15-29ゲンノショウコ-12%.jpg





野蕗 ノブキ キク科

2015-9-15-30ノブキ-12%.jpg

茎が長いので失礼ながら花の真上からの撮影

ノブキの実

2015-9-15-31ノブキの実-12%.jpg






キバナアキギリ シソ科

2015-9-15-32キバナアキギリ受粉前-12%.jpg

花弁の先に伸びているのは「花糸」

吸蜜のハナアブなどの昆虫が出入りすると

受粉があり

花糸が垂れ下がります

2015-9-15-33キバナアキギリ受粉後-12%.jpg






山ホトトギス  ユリ科

2015-9-15-34山ホトトギス-12%.jpg

山路のホトトギスとの違いは

山ホトトギスの花弁が反り返ること


山路のホトトギスより高めの場所に生息します



そろそろ2時間の花探索に疲れ

沢を下りました


そしてバッテリーが「空」のコメントでカメラのモニターが暗転

2015-9-15-35沢-12%.jpg


来年は来れるかどうか?と少し感傷気味で沢を眺めました




長々とお付き合い頂きありがとうございました



最後に

「節分草」とか「彼岸花」等季節に合わせて賑わいを招く草花がありますが


季節の花名ながら殆ど話題とならない草を紹介いたします



『秋分草』 しゅうぶんそう キク科

2015-9-15-36秋分草-12%.jpg



では又



nice!(18)  コメント(10) 

キバナアキギリとその後の事 [石神沢]

9月19日

不愉快な気分を一掃して

石神沢を続けます


黄花秋桐 シソ科

花が桐の花に似ているところからの命名

2015-9-15-17キバナアキギリ-12%.jpg


と、ここでカメラのバッテリーの残量不足赤警告

予備のバッテリーを出したところ

なんとサブカメラのバッテリーしか袋に入っていない。

しかも更に不幸はサブカメラの持参を忘れていた。

暫し「思案の時間」が有りました

結論はバッテリーが空になるまでフイルム撮影と同じように

シャッター「一発勝負」で行こうと

手振れ防止にISO感度を1600まで上げての撮影を行いました

以後の撮影結果です

2015-9-15-18杉林-12%.jpg

沢を遡り花探索




山路のホトトギス  ユリ科

2015-9-15-19山路のホトトギス-12%.jpg

花の頂上にキリギリスが

3cm位の大きさなので「ササキリ」ではないかと




ゲンノショウコ フウロウソウ科

2015-9-15-20ゲンノショウコ-12%.jpg




松風草  ミカン科

2015-9-15-21マツカゼソウ-12%.jpg



久しぶりのシャッター一発勝負は疲れます


少し早目の昼食

暫くして落ち着いたところ投げ出していた足の傍に

雁首草 ガンクビ草  キク科

2015-9-15-22ガンクビ草-12%.jpg

刻みタバコを吸う煙管の先が雁の首に似ているところからの命名




水引 ミズヒキ  タデ科

2015-9-15-23ミズヒキ-12%.jpg




縮み笹 チヂミザサ  イネ科

2015-9-15-24チジミザサ-12%.jpg

花序の軸に毛が有るのを「毛ちぢみざさ」

毛のないのを「小ちぢみざさ」と言いますが

一般にはそれほどこだわることは無いと思います

実は以前グループ写真展でお客さんから

「毛か?小か?」と指摘を受けたことがあり

お客さには草花に詳しい人が居るものだと思った

忘れられない思い出の被写体です




溝蕎麦 ミゾソバ  タデ科

2015-9-15-25溝蕎麦-12%.jpg




盗人萩 ヌスビトハギ  マメ科

2015-9-15-26盗人萩-12%.jpg

果実が盗人の忍び足の形からの連想と言うが

時代劇の映像から想像するしかない

現代の空き巣狙いはスーツ姿のサラリーマン風の盗賊もいるそうであります



今日はここまで

まだ続きます


では又
nice!(19)  コメント(4) 

釣舟草 [石神沢]

9月18日

大雨・洪水、地震、火山噴火、津波

次々と天地の激震


天の怒りか!!


国会で安保法案の強行採決

安倍首相の、国民から選ばれた代議士により審議された法案


『決める時には決めるのが民主主義である』の発言


何という貧寒なる政治感覚か

「総理大臣が言うのだから~~」と度々言う

国民の意向を無視する独裁者の振舞い


民主主義の何たるかを理解していない政治家を総理大臣に据える政権に哀しい思いであります


こんなことを言えるのも民主主義の言論の自由が保障されていることか?




気分を変えて

「石神沢」の続きを


使用したカメラは

OLYMPUS E-M5 MarkⅡ  MACRO60mm



釣舟草 ツルフネソウ科

10日ほど来るのが何時もの年より遅いので

良い被写体に会えるかどうか心配でしたが


矢張り予想通り、中々綺麗な花が見つからない


残念な気持ちで撮影

2015-9-15-12釣舟草-12%.jpg


花弁が傷ついている花が多い


長雨が続いて来れなかったのが恨めしい



2015-9-15-13釣舟草-2-12%.jpg




良い花を見つけたが距が隠れてる

2015-9-15-14釣舟草-3-12%.jpg

沢の斜面なので反対側から撮影できない


少し沢の上流へ




秋海棠  シュウカイドウ科

2015-9-15-15秋海棠-12%.jpg

江戸時代に中国から渡来し、園芸観賞花として持て囃されていたが

現在ではすっかり野草として定着している


黄色い蕊の花が雄花で、三角の花は雌花です




水玉草 アカバナ科

2015-9-15-16-1ミズタマソウ-12%.jpg

毎年同じところに生えるので見つけるのは簡単ですが


水玉が付いてていないと他の草の中に紛れて見分けは付かない小さな草です


その水玉の付いている状態に遭遇するのは気象状況により

なかなか難しい

10年に2~3回


早朝に通うと水玉状態は見付けやすいのでしょうが

どうしても10時頃の探索になるので蒸発してしまうらしい



2年前の水玉草です
2015-9-15-16-2参考水玉草09-08-12%.jpg



続きます



では又



nice!(10)  コメント(2) 

石神社 [石神沢]

9月16日

15日、久しぶりに雨の心配が無いので釣舟草を見に出掛けました


JR青梅線 石神前駅下車

2015-9-15-1石神前駅-12%.jpg

無人駅です



平和の像

2015-9-15-2平和の像-12%.jpg




2015-9-15-3大岳山-12%.jpg

東京都の西端、大岳山の頂上に雲が無ければ、ほぼ一日天気は安定

雲が有ると午後には天気は下り坂

という素人天気予報士の判断



この地区に30年住んでいました

20年前にリタイアして現住所に転居しても通い続けています



この日訪れる石神沢は都合40年近く通い続けたところです


石神前駅の由来は

土地の鎮守様「石神社・いしがみしゃ」に由来します

2015-9-15-5石神社-12%.jpg

石神社左の大銀杏は黄葉すると壮観な景色となります





2015-9-15-4ススキ-12%.jpg




2015-9-15-6石神澤踏切-12%.jpg

2015-9-15-7石神沢-12%.jpg

これまでに、ここで山草を目的に訪れるカメラマンと遭遇したことが有りません


私の山野草撮影の原点であり

私の撮影テリトリーでもあります


この近くに住んでいたころは土・日曜日には通っていましたが


この地を離れてからは年に2~3回がやっと


それだけに、「あの花は」どうなっているか気になるこの頃


近年は、「来年は来れるかな?」と思いながらの花探索であります




秋明菊が安泰でありました

2015-9-15-8秋明菊-12%.jpg

秋明菊の本種で

植物図鑑を開くと殆どがこの花を載せ

いま主流の一重の秋明菊は補足の資料として載せられています

別名「貴船菊」

京都・貴船の地区に多く咲いていたところからの花名由来


菊の花弁のようですがキク科ではなく「キンポウゲ科イチリンソウ属」です

2015-9-15-9秋明菊-1-12%.jpg





黄色く目立つキンミズヒキ

金水引 バラ科

2015-9-15-10キンミズヒキ-12%.jpg


金水引の実  

2015-9-15-11キンミズヒキの実-12%.jpg

果実はズボンの裾に付着し散布、自然の生きる知恵



釣舟草探索

今年は気象状況が悪くて一週間ほど来るのが遅れているので

良い被写体に会えるか心配です


続きます


では又


nice!(13)  コメント(6) 

晴れると暑い秋 [我が家の庭]

9月13日

長雨が途切れて晴れ

30℃の暑さが戻る

程々の優しい変化は望めないのか

2015-9-11-1昼の雲-12%.jpg


過日、町の文化祭の写真展に出品する作品の選定をしました

2015-9-11-2燦の会作品選定会-13%.jpg




庭の花たち

シュウメイギク

2015-9-11-3シュウメイギク-12%.jpg




グリーンカーテンの烏瓜の実

3個実が生りました

2015-9-11-4からすりの実-2-12%.jpg




赤く変身しますかどうか

2015-9-11-5烏瓜の実-1-12%.jpg




モントプレチア (ヒメヒオウギズイセン)

少し時期外れの開花です

2015-9-12モントプレチア-12%.jpg



では又


nice!(15)  コメント(4) 

台風18号の余波の大水害 [我が家の庭]

9月10日

関東地方の台風余波の大雨

当地方は9日に白いカーテンを張った様な大雨であったが

今日は栃木、茨木に大水害


テレビの映像を見ているが自然の脅威に胸が痛む




今日は曇りがちの

時折小雨



毎週木曜日に来る豆腐引売りが予定通りに引売り

2015-9-10-1豆腐引売り-12%.jpg

洪水の場面とは裏腹の長閑な風景




長雨に打たれながらに懸命に咲いている

松風草 マツカゼソウ

2015-9-10-2マツカゼソウ-1-12%.jpg

この花の故郷へ行きたいのですが

天候が雨続きなので出かけられないでいます


多分今頃 釣舟草 黄花秋桐 水玉草などが見られるはず



花弁に何か糸埃の様なものが、とよく見ると

2015-9-10-3マツカゼソウ-2-12%.jpg

藪蚊が止まっていました


行きたいと切望している所

多摩地区の某所

2015-9-10-4石神沢入り口-30%.jpg

2015-9-10-6石神沢-1-8%.jpg



蚊に責められ、又また雨


では又
nice!(15)  コメント(5) 

思い草 [我が家の庭]

9月7日

秋の長雨とは言え日差しが恋しい

正に「秋霖」であります




庭のナンバンギセルが大きくなりました

2015-9-4-6ナンバンギセル-12%.jpg



もう40数年前の事

奈良の万葉植物園で「思い草」の種を頒布しますと言う新聞記事があり

応募したところ、耳かき一杯程の粉の様な種が薬包紙に包まれて届きました



以来、毎年種をススキの根に植え続けてきました



万葉集の中に一首詠われている「思い草」


道の辺の 尾花がしたの 思い草  
  今さらになぞ 物か念はむ  巻十 二二七〇  相聞歌



この「思い草」が諸説あり リンドウ オミナエシ ツユクサ 等



尾花(ススキ)の下に生える草花ということで

昭和の初期に「ナンバンギセル」であろうと定説になりました



南蛮煙管(ナンバンギセル) の南蛮は室町時代から江戸時代に渡来した

オランダ人 スペイン人を指し


南蛮人が用いていた煙草のパイプの形を連想したもの



「思い草」の花名が情緒的で宜しいような気がします





秋明菊

2015-9-4-7シュウメイギク-12%.jpg




山杜鵑 やまほととぎす

2015-9-4-8山ホトトギス-12%.jpg




秋晴れの空が見たいです



では又


nice!(25)  コメント(7) 
メッセージを送る