So-net無料ブログ作成
検索選択
我が家の庭 ブログトップ
前の20件 | -

コリアンダー [我が家の庭]

5月24日

数日前の夕空

2017-5-21夕空-12%.jpg



お決まりで6時に月見草開花

2017-5-24-0月見草-12%.jpg




好みの良し悪し顕著ながらも今人気の

コリアンダー

2017-5-24-4パクチー-1-12%.jpg


東南アジア原産のセリ科

家庭栽培で緑野菜補給しています


台湾では「シャンツアイ」

タイでは「パクチー」

色々の名で呼ばれています


2017-5-24-5パクチー-2-12%.jpg





白花の京鹿の子

2017-5-24-3白花京鹿の子-12%.jpg






ムシトリナデシコ

2017-5-24-6ムシトリナデシコ-12%.jpg





唐種招霊・カラタネオガタマ

2017-5-24-7カラタネオガタマ-12%.jpg


バナナの香りを放散していた我が家で最後の花です




金糸梅・キンシバイ

2017-5-24-1キンシバイ-1-12%.jpg



蕾が膨らんできました


この花が咲くと梅雨入りとなります


もうそんな時期なのですね


昨年は6月5日に開花しました


今年は6月の何時開花でしょう

2017-5-24-2キンシバイ-12%.jpg





では又
nice!(26)  コメント(6) 

月見草 [我が家の庭]

5月20日

真夏日の暑さ

今や異常気象とはいえない状態の天候です


「3時の花」という花がありますが

庭の月見草は

何時も夕方6時に開花します


正に「6時の花」であります

晴れているとストロボを使用せずに撮影できます


2017-5-19-2月見草-12%.jpg



翌朝 早々にピンク色に変色して萎んできます


2017-5-20-1月見草-12%.jpg



以前、種を分けて植えていた写真仲間

夜は外に出ないので

「開花から赤い色の花と思っていた」と写真の会の時に話して大笑い



夜9時頃が最盛期であります



やがて赤味を増して萎んでいき結実の準備の時期となります


20175-20-2月見草-12%.jpg



では又
nice!(18)  コメント(8) 

鈴蘭開花 [我が家の庭]

4月27日

我が家の庭でもスズランが開花

2017-4-27-1鈴蘭-12%.jpg

葉に寄り添うように花が生えるので

「君影草」(きみかげそう)などとロマンチックな別名があるが


全草毒性で牛馬は食べないので幸い草原に群生する



近年、ドイツスズランが園芸店で売られているが

花が葉の上まで伸びて咲く

比較的丈夫なのでもてはやされているようです



近頃「今さらなにを?」と思っているのは

華鬘草(けまんそう)の花

2017-4-27-2華鬘草-1-12%.jpg


花が連なっている様を鯛が吊るされているようなので

別名通称「鯛釣り草」と呼ばれています


2017-4-24-2華鬘草-2-12%.jpg


植物は何らかの理由があって形が作られていますが


この花はなにを目的に花が連なっているのでしょう



花が繋がりながら茎が伸びていくのが不思議でしょうがないのです


花穂などは花が咲き始めると早く咲いた花は萎れていきながら次の花を咲かせて成長していきます


タイツリソウは花をぶら下げたまま伸びていくのです


2017-4-27-4華鬘草-3-12%.jpg


こんなことで頭を悩ませているのは幸せな事です



都忘れ

2017-4-27-5都忘れ-13%.jpg


江戸時代にすでに栽培されていたという記録があるそうです


ミヤマヨメナから育成された観賞花と言われています


花名は諸説あり、どれが正統か分かりません


一説には佐渡に流された貴人が庭に咲いているこの花を観賞していて

都の事を忘れようとしたとありますが


その貴人は少し時代が合いません

これも又花名で悩ませる植物です



母子草

2017-4-27-6母子草-12%.jpg

冠毛がほおけ立ち「ほおこぐさ」が「ハハコグサ」と変じたとか

これが定説でしょうかね?



では又
nice!(13)  コメント(4) 

都忘れ咲く [我が家の庭]

4月22日

北国では降雪の予報があるが

春本番の当地では

狭庭のあちこちに花を見る


都忘れ 

2017-4-22-1都忘れ-12%.jpg




アマドコロ 

2017-4-21-1-2アマドコロ-12%.jpg




華鬘草

2017-4-21-2華鬘草-1-12%.jpg





黄エビネ

2017-4-22-2黄エビネ-1-12%.jpg




2017-4-22-3黄エビネ-2-12%.jpg






芹葉飛燕草

2017-4-22-4芹葉ヒエンソウ-1-12%.jpg




2017-4-22-5セリバヒエンソウ-2-12%.jpg




碇草

2017-4-22-6イカリソウ-12%.jpg





《おまけ》

春の山椒

2017-4-22-7山椒-12%.jpg




2017-4-22-8-12%.jpg




2017-4-22-9-12%.jpg





2017-4-22-10-12%.jpg




2017-4-22-11-12%.jpg
nice!(15)  コメント(5) 

春の嵐去り 牡丹咲く [我が家の庭]

4月18日

昨夜から明け方まで強い南風に雨が吹く付けていた


明けて気温が上がり夏日の暑さ


庭の牡丹が雨の雫を載せて開花しました


2017-4-18-1牡丹-12%.jpg





華鬘草 けまんそう

2017-4-18-2華鬘草-12%.jpg

別名 タイツリ草の花名が馴染みがあります


葉が牡丹の葉に似ているので

「瓔珞牡丹(ようらくぼたん)」の花名もあります

「瓔珞」とは仏像の天蓋に飾る仏具の事です





水仙文目(すいせんあやめ)も気温が上がり急に開花しました

2017-4-18-3水仙アヤメ-1-12%.jpg



2017-4-18-4水仙アヤメ-2-12%.jpg




《おまけ》

唐種招霊(カラタネオガタマ)・唐招霊

2017-4-16-1カラタネオガタマ-12%.jpg

開花するとバナナの香りが漂います


寺院境内などに植えられているそうです


植物園などでは花が地味なので殆ど無視されています


香りは可なり強いです


庭一面、道路まで香りが広がっています


2017-4-16-2カラタネオガタマ-2-12%.jpg




では又





nice!(17)  コメント(5) 

庭の一人静が賑やか [我が家の庭]

4月3日

今日は暖かい穏やかな日和

久しぶりのんびりと庭の花撮影



一人静 ひとりしずか

2017-4-3-1-2一人静-12%.jpg



ある人が言いました

「独りじゃない?」

一株ひっそりと生えている野草だと思っていたそうです


2017-4-3-1一人静-12%.jpg


両袖を広げたような葉の広がりの時期

白拍子の舞姿を連想しての花名です

再掲の機会があると思います




姫烏頭 ひめうず

2017-4-3-2ヒメウズ-12%.jpg

キンポウゲ科 オダマキ属の植物です




碇草 いかりそう

2017-4-3-3イカリソウ-12%.jpg





芙蓉カタバミ ハナニラ

2017-4-3-4芙蓉カタバミ-1-12%.jpg


ブログ友の「いろはさん」から昨年秋に苗を頂いたものです

※いろはさん、有難うございます

カタバミの葉の中から一輪出てきたので疑う事もなく花名を挙げてしまいました

大変失礼いたしました


2017-4-3-5芙蓉カタバミ-2-12%.jpg





何処から来たのか風に吹かれて着床した

仏の座です

2017-4-3-6仏の座-12%.jpg



春らしい春の日和が続いてほしいです



では又

nice!(18)  コメント(5) 

冬が来た!!! [我が家の庭]

4月1日

新春・新年度

「冬が来た~~~~」


「うそぉ~~~~~」


「嘘じゃない。本当ですよ!! 真冬の寒さです~~」



暖房フル回転





フキノトウ その後

2017-3-30-1蕗の薹雌株?-12%.jpg



雌雄異株と言うが区別が分からないので図鑑を頼り


花は雌花は白く、雄花は黄色っぽい


雌株は草丈50㎝程に伸び白い冠毛を作る


雄株は花が終ると枯れてしまうとか


植物も昆虫も雄は子孫を残す作業が終ると用済みの様


カマキリなどは雌が雄を食べて栄養を補給するそうであります


男の宿命でしょうか


蕗の雌花

2017-3-30-2蕗の花雌花?-12%.jpg




では又






nice!(15)  コメント(4) 

イカリソウ一番花 [我が家の庭]

3月27日

午後後半雲が切れて

飛行機雲の痕跡の見える空が現れました


2017-3-27-1-12%.jpg


上空は未だ寒気が居座ているよう

2017-3-27-2-12%.jpg



予報では冷え込みから解放されそう



この寒さの中

碇草の一番花が開花していました

2017-3-27-3イカリソウ-12%.jpg





牡丹の蕾が膨らみ始めました

2017-3-27-4牡丹蕾-12%.jpg




春風駘蕩  しゅんぷうたいとう

待ち遠しいですね



では又
nice!(19)  コメント(3) 

編み笠百合 [我が家の庭]

3月22日

4月の陽気と思っていたら

昨日は真冬の9℃の寒さ


そして今日は晴れたが北風が強くて風が冷たい


衣装の身支度に戸惑う


バイモの蕾がヒヨドリに啄まわれ


19日午前に残りの花を撮影


ところが


お昼の食事をしている間に花まで食いちぎり

ほぼ全滅


アット言う間の出来事でした


ヒヨドリの完勝


小鳥が飛来すると言う事は「ここが安全地帯である」と言う事か



半ば諦めながら花も蕾もない草の立ち姿を眺めています



2017-3-19-1編み笠百合-12%.jpg



バイモの全姿


茎の先端に昆虫の触覚の様な、先が丸まった3本の葉があるのがこの花の特徴



バイモ(貝母)の花名は 

                                          
地下に隠れている鱗茎が貝に挟まれているような姿からの漢名の読み名


2017-3-19-2参考バイモの根-13%.jpg




花が開くと花弁の内側に網目模様が見える


そして

「編み笠百合」と呼ばれます

図鑑では索引で「アミガサユリ」の名を優先しているのがあります


2017-3-19-3編み笠百合-12%.jpg





キクザキイチゲが開花して1週間経ちました

2017-3-19-4キクザキイチゲ-12%.jpg



では又




nice!(17)  コメント(3) 

編み笠百合 [我が家の庭]

3月14日

冷たい雨が断続の一日

明日未明には名残りの雪が降るという予報


編み笠百合の花が開きかけました

午後少し広がったので撮影

2017-3-14編み笠百合-12%.jpg


ある年、ヒヨドリが蕾を全部啄んでしまい

以後毎年味を覚えたようで開花少し前の蕾を啄みに来るのです


ヒヨドリとの知恵比べ


何とか半分は残して貰いたいと願うばかり



花名は花弁の内側に紫の網目模様があるので「編み笠」の連想からの命名


別名「貝母・バイモ」は鱗茎が2枚の貝様物に挟まれているところからの漢名


漢方中国から渡来


鎮咳、止血、解熱に効能があるとか



或る図鑑に花被の内側の網目模様があるので「バイモ」と命名

と言う解説があったが、それは違うでしょう



では又
nice!(22)  コメント(5) 

啓蟄の庭で [我が家の庭]

3月5日

暖かい穏やかな日

啓蟄の日和

杉花粉が気になるが日光浴を兼ねて数分庭の花たちを観察


葉の莚に鎮座する福寿草の残り花

2017-3-5-1福寿草-12%.jpg





フキノトウ

2017-3-5-2蕗-12%.jpg





ボクハン・卜伴

ボクハンらしくないボクハン

蕊が中途半端

2017-3-5-3椿・卜伴-12%.jpg






牡丹 島大臣の若芽

2017-3-5-4牡丹島大臣若芽-12%.jpg





桃の花

2017-3-5-5桃の花-1-12%.jpg


桃の節句、雛祭りの時には蕾の儘

漸く開花


2017-3-5-6桃の花-2-12%.jpg



も~すぐ春ですね~~~~



では又




nice!(19)  コメント(7) 

蕗の塔・ふきのとう [我が家の庭]

2月25日

晴れて穏やかな一日でした


蕗の塔(ふきのとう)

2017-2-26-1蕗の薹-1-12%.jpg



この植物も季節の話題となる仲間ですね


2017-2-26-2蕗の薹-2-12%.jpg




空には真綿の様な「ほんわかとした」雲が浮かんでいました


春の温もりを感じました


直ぐに消えてしまいましたが


2017-2-26-3春の雲-12%.jpg



では又
nice!(20)  コメント(10) 

馬酔木・あせび [我が家の庭]

2月23日

午前曇り 

午後晴れ

南西の風強く、午後冷たい北風に


庭の馬酔木(あせび)開花

2017-2-23-1馬酔木-1-12%.jpg


我が家の馬酔木は園芸品種

本種は白い花です


全株毒性


馬が食べると酔ったようになり苦しむとか

それで「馬が酔う」木と命名された

葉を煎じて菜園の殺虫剤を作ると言われています


次第に春本番に近づきました


2017-2-23-2馬酔木-2-12%.jpg



では又
nice!(17)  コメント(5) 

春一番 [我が家の庭]

2月17日

春一番

気温上昇  南風の強風

2月は光りの月

早や月半ばを過ごす

風に揺られる福寿草の撮影

2017-2-17-1福寿草-1-12%.jpg





2017-2-17-2福寿草-2-12%.jpg



では又


nice!(24)  コメント(5) 

福寿草・イヌノフグリ [我が家の庭]

2月13日

連日北風が強くカメラの出動ままならない


日溜りの庭で過ごす


色物の花は福寿草だけ


2017-2-13-1-12%.jpg




2017-2-13-2-12%.jpg


花数 晩生(おくて)の蕾も含めて30数個生えています


数十年前に5株の苗を求めて植え育てていました




2017-2-13-3-12%.jpg





2017-2-13-4-12%.jpg






2017-2-13-5-12%.jpg





2017-2-13-6-12%.jpg





《おまけ》

近所の空き地で

オオイヌノフグリの撮影


草丈は未だ4~5㎝

カメラを地面に付けての撮影です


脊柱管狭窄症の手術をしていてロウアングル撮影は控えているのですが


ついついこの花との因果な付き合いで「やってしまいます」



若い頃はお彼岸頃まで追いかけていましたが


今年はこの花の撮影で終わりとします


オオイヌノフグリ

2017-2-8-3 -12%.jpg





2017-2-8-4 -12%.jpg




以前にもブログで紹介したことがありますが


本種「イヌノフグリ」


恐らくこれがお見せする最後の写真になります

数年前に撮影した参考の映像です

2017-2-13-7-1995-青梅1小ついじ-01-15%.jpg


絶滅危惧種?

生えているところを毎年訪れておりましたが

年々姿が小さくなっていきました

現在自生の地は在るのでしょうか

私は2007年の春以来ご無沙汰しており現状は確認しておりません


2017-2-13-8-2010-12%.jpg

満開で花径2.5mm

ほとんど埃のようにしか見えません

これも這いつくばるようにしての撮影

幾度も「大丈夫ですか」と声を掛けられたことがありました

「行き倒れ」と間違えられました


花はピンク色です

2017-2-13-9-1996-イヌノフグリ-01-15%.jpg

花は小さいのに実が凄く大きいのです

それが犬のフグリに似ていたのです

先人の先輩の観察力、命名の頓智に敬服です


近年のペットブームで小型犬が流行りですが


以前、大型犬の雄犬が街を闊歩していた光景は

普通に見られたものでした

2017-2-13-10-1999-イヌノフグリ-2-20%.jpg




「花名が厭らしいから『春告げ花』と改名して」という新聞への投書がありましたが

春を告げる花は幾らでもあります

花名の由来はそれぞれに謂れがあるものです


私にはただ一つ改名して貰いたい花があります

「ハキダメギク」

牧野富太郎博士が命名した野草


発見した場所が「掃き溜め」の側であったというだけ

何とかならないものかとこの花を見るたびに思い悩んでおります

2017-2-13-12-10%.jpg



では又



nice!(27)  コメント(8) 

節分草 やっと開花 [我が家の庭]

2月6日


節分草 やっと開花

2017-2-6-4-12%.jpg


白い花弁のように見えるのは萼片

花弁は黄色い蜜線に変化

雄蕊の葯は紫

節分前後に開花するのが不思議な現象と毎年思います




2017-2-6-5-12%.jpg





福寿草満開

2017-2-6-6-12%.jpg



では又

nice!(28)  コメント(10) 

開花焦らせる節分草 [我が家の庭]

2月5日

福寿草

2017-2-5-1福寿草-12%.jpg




種付け花 タネツケバナ  アブラナ科

2017-2-5-2種漬け花-12%.jpg

田植えの準備の種もみを水の漬ける頃に咲くという花

そのような作業が想像できない現代社会風景ですが

毎年早春に見られる花です

花名を変えて貰う花でしょうか




中々開花しない節分草

「お~い どうした」と声かけました

2017-2-5-3節分草-12%.jpg




近くの空き地で

オオイヌノフグリを撮影

2017-2-3-1-1オオイヌノフグリ-12%.jpg


以前は冬至が過ぎて気温が10℃を超えると開花が見られましたが

ここ数年、1月の下旬にならないと花が見られません

この土地だけの現象なのかと


今の時期草丈3~5㎝

花径8mmです

カメラを地面に付けての撮影です



以前、腹ばいになって撮影していると

「どうしました」と声を掛けられたことがありました




小さな花に小さな虫が吸蜜に飛来しています

2017-2-3-2オオイヌノフグリ-2-12%.jpg




では又
nice!(20)  コメント(8) 

福寿草 [我が家の庭]

2月2日

晴れているが冷たい北風が吹いている


冷たい風の中福寿草が開く


2017-2-2-1福寿草-1-12%.jpg





2017-2-2-2福寿草-2-12%.jpg





明日は節分

花便りに節分草の開花の様子が見られる


我が家の節分草はどうなるのか?


2017-2-2-3節分草-12%.jpg




では又
nice!(20) 

福寿草開花 [我が家の庭]

1月31日

一月最終日

何とも早い月日の流れです


旧正月に花開くという福寿草が開花しました


未だ半開きですが

2月入ると満開の姿を見せるでしょう


2017-1-31-1-12%.jpg





2017-1-31-2-12%.jpg





2017-1-31-3-12%.jpg


とりあえず今日の姿を




《おまけ》

バイモ(貝母)の若苗

2017-1-31-4バイモ-12%.jpg

鱗茎が貝に囲まれている様であるところからの花名


早春の花で3~4月の花、「編み笠百合」の花名となります



では又




nice!(16)  コメント(2) 

早く来い来い春の風 [我が家の庭]

1月28日

真冬の冷え込み、桜咲く季節の気温


寒暖激しいこの頃です


植物は季節に順応して姿を見せています


節分草が芽出ししています


2017-1-28-節分草芽出し-12%.jpg


「這えば立て 立てば歩めの親心」

の心境です

節分に花を見せるのでしょうかね



庭の「椿・卜伴」が数年前に茶毒蛾の幼虫に一晩で葉を食べられて

樹も枯れてしまいました


実生の幼木がやっと成長して蕾を持ち

開花し始めました

気長に待ち続けた花です


2017-1-28-1ぼくはん-1-12%.jpg





2017-1-28-2ぼくはん-2-12%.jpg




では又
nice!(17)  コメント(5) 
前の20件 | - 我が家の庭 ブログトップ
メッセージを送る