So-net無料ブログ作成
検索選択
東京都立神代植物公園 ブログトップ
前の20件 | -

狸豆・タヌキマメ [東京都立神代植物公園]

9月20日

植物多様性センターから本園に移動

この日の目的は狸豆の花を確認する事


お昼にならないと開花しないので


休息するところを見付けながら時を過ごす


ダリア園

2017-9-15-25本園ダリア園-12%.jpg




2017-9-15-26ダリア-1-12%.jpg






2017-9-15-27ダリア-2-12%.jpg






2017-9-15-28ダリア-3-12%.jpg






2017-9-15-29ダリア-4-12%.jpg






園内の一隅に

黄色の彼岸花

2017-9-15-30黄彼岸花-12%.jpg


突然一本生えている

帰り際に園内の花屋さんに聞いてみると

中国台湾原産で九州などでは普通に見られる花だそうで


関東でも愛好家が増えているとか


植物公園で苗を買ってもらいデモンストレーションに植えて貰ったとか


一般家庭の庭に植える方が増えるかも




秋海棠

2017-9-15-31シュウカイドウ-12%.jpg




平日で人が少なく休憩場所は心配なく暫し休み 昼食

2017-9-15-32木蔭で昼休憩-12%.jpg





12時のチャイムが鳴り目的の「狸豆」訪問へ

2017-9-15-33タヌキマメ-12%.jpg

株がだいぶ増えて来たようでした


野草園をさらりと見ながら帰路につきました。



では又
nice!(17)  コメント(6) 

コムラサキ [東京都立神代植物公園]

9月19日

今日も30℃近い暑い日でした


植物多様性センターの続きです


ゲンノショウコ・現の証拠

2017-9-15-13ゲンノウショウコ-1-12%.jpg



赤紫の花は西日本が主流で

西日本の方は白い花のゲンノショウコは見たことが無いと


関東地方でも赤紫の花のゲンノショウコは普通に見られるとの事


これも温暖化の影響で北上したのでしょうか



2017-9-15-14ゲンノウショウコ-2-130%.jpg





サワギキョウ・沢桔梗

2017-9-15-15サワギキョウ-12%.jpg





ヌスビトハギ・盗人萩

2017-9-15-16ヌスビトハギ-12%.jpg


現代、この実が盗人の忍び歩きの連想、と言われても

認識できないのでは

テレビの時代劇で見るだけ

これも花名を変えても良いような植物です


荒れ地ヌスビトハギ

2017-9-15-17荒れ地ヌスビトハギ-12%.jpg

アメリカ原産の帰化植物だそうです




2017-9-15-18犬塔花?-12%.jpg

この花の花名自信がありません

「犬塔花・いぬとうばな」?

お知らせください




小紫・コムラサキ

2017-9-15-19コムラサキ-1-12%.jpg




同じ株の枝に「白い実のコムラサキ」が付いていました

2017-9-15-20コムラサキ白-12%.jpg




2017-9-15-21コムラサキ-3-12%.jpg




雁金草・カリガネソウ

2017-9-15-22カリガネソウ-12%.jpg





水葵・ミズアオイ

2017-9-15-23ミズアオイ-12%.jpg

ホテイアオイの仲間で茎1mほど

一日花だそうです




2017-9-15-24ススキ-12%.jpg


午前のほとんどをここで過ごし


神代植物公園の本園へ移動


続きます


では又


nice!(15)  コメント(3) 

植物多様性センター [東京都立神代植物公園]

8月12日

戻り梅雨という言葉がありますが

梅雨明け宣言後何故か「梅雨状態」が続いています

今日もまた雨


8月5日の事です

神代植物公園の野草園を見て

隣接の「植物多様性センター」へ

園長さんの花便りブログで

そこでの花の色々を拝見

見事なレンゲショウマもあり、その所在を確認したくなりました


2017-8-5-10-1-12%.jpg





2017-8-5-10-2-22%.jpg


主に武蔵野ゾーン、奥多摩ゾーン、伊豆諸島ゾーンのジオラマが配置されています

2012年4月の開設

開設当初に一度入ったことがありましたが未だ殺風景な景色でした

5年振りで2度目の入園


花探索には楽しい場所であると認識しました

レンゲショウマの在りかを探しながら花探索


水玉草
2017-8-5-11-12%.jpg

毎年奥多摩の或る沢で見ていたミズタマソウ

気象の具合で水玉の付いている姿を見られるのは数年に一度でした


昨年は熊が下山した騒ぎ

何時もの撮影現場がその熊出現の場所で

気味が悪くて今年は行きそびれてしまいました




河原ナデシコ

2017-8-5-12-12%.jpg






松風草

2017-8-5-13-12%.jpg


この花もミズタマソウの有る沢の上流にありますので

現場には近寄る気にはなりません

ツリフネソウの自生地もありますが今年は熊と遭遇するのが怖いので

行くのは断念




レンゲショウマの株を見付けました

2017-8-5-14-12%.jpg


園長さんの花便りの映像は7月に撮影したもの

盛りを過ぎて花の色が薄れておりました

来年に期待します

2017-8-5-15-12%.jpg


場所は情報館前

場所の確認の為に目印として「情報館」を

2017-8-5-16-12%.jpg




水滴の付いた「水玉草」を紹介いたします

2017-8-5-17参考水玉草09-08-15%.jpg






では又
nice!(22)  コメント(5) 

レンゲショウマ [東京都立神代植物公園]

8月9日(水)

気温37℃の猛暑日

これから毎年こんな現象が起きるのでしょうか


8月5日(土) 蒸し暑い日でした

午後には気象不安定の予報でしたが

神代植物公園に行きました


目的は下見をしていた「蓮華升麻」(レンゲショウマ)の蕾が

開花してるのではないか確認の為



毎年武蔵御岳山のレンゲショウマを見に行ってましたが


昨年バス終点で下車してケーブルカー駅の急坂をヤットの思いで登り



後ろから来たご婦人たちに「おじさん頑張って」と声を掛けられ


体力の衰えを自覚しました



今年は御岳山の群生を夢見ながら神代植物公園の個体を見るだけで「佳し」と

半ば諦めの心境でした




5日、土曜日というのに気象が不安定の予報や


兎に角蒸し暑い事で


お客さんが極めて少ない状態でした


2017-8-5-1-12%.jpg




2017-8-5-2-12%.jpg




早速に野草園へ


花探索をしながらレンゲショウマの所へ




シラヤマギク

2017-8-5-3-1-12%.jpg

小さな風貌で質素な容姿が気に入ってます





ワルナスビ

2017-8-5-3-2ワルナスビ-12%.jpg

棘のあるのが特徴


写真展で花だけのアップの作品があるが

花名の由来の棘が見えないとこの花を写したことにはならないのでは

と心得ております





山百合

2017-8-5-4-12%.jpg

今が盛りなのでしょうかあちらこちらに咲いていました




キツネノカミソリ

2017-8-5-5-12%.jpg


写真展で花弁が細くて鋭いので「剃刀」をイメージした

と解説していたスタッフがおりました


昨年 NHKVTの花便りでも同じような解説をしておりました


ヒガンバナ科の「葉見ず 花見ず」


花の時期には葉は見られません


早春、葉が生えてくると小さな葉が「日本剃刀」の形に似ているところからの花名由来です


NHKVTの画面では「花名については諸説あります」とコメントがありました




現代、日本剃刀は実用品では無くなり


その存在を知らない人が多くなったと思います





目指す「蓮華升麻(れんげしょうま)」の所に到着

2017-8-5-6-12%.jpg



二~三輪の花を見ることが出来ました


御岳山が誇る自生地の花とは雰囲気は比べようがありませんが


それでもレンゲショウマの個体を見ることが出来て幸せ感いっぱいでした





この日の目的が終り

引き上げようかと思いましたが

植物公園の園長さんの花便りブログにレンゲショウマの立派な写真があり


撮影場所が隣接する「植物多様性センター」とありましたので


そちらに移動してみようと思い立ちました





葉黒草(ハグロソウ)

2017-8-5-7-12%.jpg


本来は葉の色が「ダークグリーン

それが花名の由来です





蔓人参(つるにんじん

2017-8-5-8-12%.jpg

根が「朝鮮人参」に似ているところからの花名




この後、植物多様性センターへ移動


次回に続きます


では又
nice!(19)  コメント(8) 

紫陽花見物 [東京都立神代植物公園]

6月25日


20日、神代植物公園の水生植物園で花菖蒲を見物してから


本園へ


2017-6-20-21-1本園流れの野草園12%.jpg

「流れの野草園」




お休み所

2017-6-20-21-2お休み所-12%.jpg


平日でおまけに暑い日の為か珍しくお休み所は人が疎ら


昼食休憩をここで摂り


今日の目的の紫陽花観察


休んでいたところの目の前で木陰の日差しを受けた紫陽花

2017-6-20-22木漏れ日の射すところ-12%.jpg





アジサイコーナー

2017-6-20-23-12%.jpg




2017-6-20-24満開の花-12%.jpg



紫陽花は満開状態

2017-6-20-25-12%.jpg



御存知のように彩りが賑やかな紫陽花は


萼片の装飾花を愛でて賑わう

「紫陽花見頃です」と言う花便りはこの装飾花の様子を紹介したもの



気象庁では桜の開花情報と同じように


紫陽花の開花情報を記録しているそうです



それは装飾花の中心の小さい「真花」と言われる本来の花が2~3輪開花した時

「紫陽花が開花した」と宣言するそうです



2017-6-20-26-12%.jpg





2017-6-20-27真花-12%.jpg



私はこの「真花」に拘り紫陽花見物をしております





2017-6-20-28-12%.jpg





程々に見物して帰路に就く


2017-6-20-29-12%.jpg


美容


2017-6-20-30-12%.jpg




では又
nice!(19)  コメント(4) 

花菖蒲 [東京都立神代植物公園]

6月24日

昨日は素敵な写真展を見て来ました


良い作品展を見た時は帰路の気分がとても爽やかです


「暑い中をお疲れ様でした」と挨拶されました



晴れると夏日の梅雨時です


夕焼けの翌日は晴れの保証、と言われておりますが


2017-6-22夕焼け空-12%.jpg



20日神代植物公園へ出かけました


暑い日でした


まずは水生植物園へ

2017-6-20-1水生植物園-12%.jpg





花菖蒲を見物

ささやかながら花菖蒲田があります


2017-6-20-2花菖蒲畑-1-12%.jpg





2017-6-20-3花菖蒲-12%.jpg




2017-6-20-4花菖蒲-12%.jpg





2017-6-20-5-1花菖蒲畑-2-12%.jpg





2017-6-20-5-2-12%.jpg






2017-6-20-5-3-12%.jpg





2017-6-20-5-4-12%.jpg






2017-6-20-5-5-12%.jpg






この花菖蒲田、何となく雑然と栽培されているようですが



其れなりの苦労があるようです


案内板があり、その記事によると

「花菖蒲田 江戸系50品種」が植えれれているとの事


2017-6-20-5-6植栽案内図-12%.jpg


花期が、極早生 5月20日前後

早生、中早生、中生6月5日頃、中晩生、晩生6月15日頃

そして「江戸古花」

と幾種類もあります



ただ現地の花菖蒲田には標識案内が無いので

ただただ眺めるばかりです



花菖蒲見物を終えて園内を一巡り

続きます


では又
nice!(14)  コメント(2) 

白い花たち [東京都立神代植物公園]

6月2日

前回の神代植物公園の続きです


日陰で休む場所を探しながら花探索


2017-5-28-13ドクダミ-3-12%.jpg




紅でまり

2017-5-28-14紅でまり-12%.jpg


花は一日で色が変化する「酔芙蓉」とは異なり


夏から秋にかけてピンクから赤へと変化する花であるらしい

一つその変化を確かめる仕事が増えました




唐種招霊・カラタネオガタマ

2017-5-28-15-1カラタネオガタマ-1-12%.jpg


花弁は少し黄色味を帯びています

バナナの香りを発散してひきつけられる花です


バナナの香りがするので「バナナツリー」とも

また、「バナナシュラブ」という別名があります

「シュラブ」て「何」と考えております

2017-5-28-16カラタネオガタマ-2-12%.jpg


花は満開でした


花の色が地味な灌木なので殆どの人が存在を無視して通り過ぎて行きます


2017-5-28-17カラタネオガタマ-3-12%.jpg





ミヤマヨメナ

2017-5-28-18ミヤマヨメナ-12%.jpg





ハナウド

2017-5-28-19ハナウド-12%.jpg





紅升麻・ベニショウマ

2017-5-28-20ベニショウマ-12%.jpg


地下茎が赤い所からの命名とか


ここで日陰での昼食をして


帰路に就く


藤豆

2017-5-28-21フジマメ-1-12%.jpg




2017-5-28-22フジマメ-2-12%.jpg




陽射しが強いので萎れかかった花

野花菖蒲でしょうか

2017-5-28-23野花菖蒲-1-12%.jpg


花菖蒲の原種です

2017-5-28-24野花菖蒲-2-12%.jpg


5月28日(日曜日)

暑さに抵抗できず早々の退散でありました


では又





nice!(26)  コメント(8) 

薔薇園へ [東京都立神代植物公園]

5月30日

28日(日曜日)

晴れて暑い日でありました

恐らく人が大勢押し寄せるであろうと予測しながらも


神代植物公園へ


2017-5-28-1神代植物公園正門-12%.jpg


正門前は賑やかな人々



大温室の上には夏の日差しを受けた雲が

2017-5-28-2温室外観-12%.jpg


薔薇園は既に大勢の人が薔薇の香りを嗅いでいる



2017-5-28-3ヒデコード-12%.jpg


金糸梅の園芸種キンシバイ”ヒドコート”が余計に暑さを呼び込んでいる


薔薇園は避けて

国際ばら新品種コンクール花壇に入る



2017-5-28-4国際ばら新品種コンクールゾーン看板-12%.jpg




このコーナーの花たちにはまだ名前が無い

それぞれ数字の番号で陳列されていて2年かけて審査後

上位入賞品種に花名が付けられ晴れて公開されます


2017-5-28-5コンクール出品コーナー-12%.jpg





2017-5-28-6薔薇-12%.jpg




兎に角暑い


ほゞ素通り状態で


野生種オールドローズ園へ



お好みの薔薇「よろこび」の状態を確認へ

2017-5-28-7よろこび-1-12%.jpg


ミスターローズバラ育種家鈴木省三氏が野茨から育成したという愛らしいバラであります

2017-5-28-8よろこび-2-12%.jpg





2017-5-28-9よろこび-3-12%.jpg





これで満足


日陰に退散と決めたが

木蔭のお休み所は満員

2017-5-28-10木陰の休息所-12%.jpg




適当な所を探しながら移動


2017-5-28-11ドクダミ-1-12%.jpg


ドクダミの群生です



続きます


では又
nice!(20)  コメント(3) 

立てば芍薬 [東京都立神代植物公園]

5月18日


14日(日)神代植物公園の続きです

水生植物園から本園に戻り


薔薇園へ

2017-5-14-12薔薇園-1-12%.jpg


日曜日の「薔薇フェスタ」とは言え


この混み様には聊か驚き


薔薇を観賞して憩うという雰囲気は微塵もない


2017-5-14-13薔薇園-2-12%.jpg




薔薇園の端の花を数枚撮影


花名は省略

2017-5-14-14薔薇-12%.jpg





2017-5-14-15薔薇-12%.jpg






2017-5-14-16薔薇-12%.jpg






2017-5-14-17薔薇-12%.jpg






2017-5-14-18薔薇-12%.jpg



今気が付いたが剣弁の花の写真がない


無意識に丸弁の花に気を取られていたようであります


香りを嗅ぐ気もなく薔薇園を通り過ぎ


芍薬園に移動しました


「立てば芍薬」と言われます


2017-5-14-19芍薬-12%.jpg


牡丹は葉の上に座るように花が咲いていますが

芍薬は茎が長く花を咲かせています

「立てば芍薬 座れば牡丹」

美人の姿態の表現と言われます


2017-5-14-20芍薬-12%.jpg




この日は騒音の植物園から早々に退出いたし帰宅しました



では又

nice!(18)  コメント(5) 

栴檀と河骨 [東京都立神代植物公園]

5月15日

14日に曇りですが日中晴れ間もあるという予報でしたので


神代植物公園に出掛けました

予報は外れて一日中曇り

肌寒い日でした


薔薇園では薔薇祭りがあり大勢の人が押し寄せていました

2017-5-14-1神代植物公園正門-12%.jpg



薔薇園の人混みを避けて


この日の第一目標

栴檀の花を見物

2017-5-14-2センダン-1-1-12%.jpg





2017-5-14-3センダン-2-12%.jpg





2017-5-14-4センダン-3-12%.jpg





2017-5-14-5センダン-4-12%.jpg





2017-5-14-6センダン-5-12%.jpg



久しぶりに花盛りの栴檀を堪能して


水生植物園のコウホネを見に


2017-5-14-7水生植物園-12%.jpg


賑やかにお喋りをしながらここに来た数人の御婦人方が

「花は何もないじゃない」と不満の声を挙げていました


色々な草花があるのにな~~~

薔薇園を見て来た序でに寄られたのか

華やかな彩りを期待しておられたよう



それはさて置き

睡蓮の花を見たり目的のコウホネを見物に


2017-5-14-8コウホネ-1-12%.jpg





2017-5-14-9コウホネ-2-12%.jpg





2017-5-14-10コウホネ-3-12%.jpg




ここで緑の景色を見ながらお昼の弁当を食べ


本園の薔薇園へ


次回に続きます


では又

nice!(24)  コメント(8) 

ヒトツバタゴなど木の花探索 [東京都立神代植物公園]

4月30日

「あ~~~」と溜息

早や4月最終日


間も無く立夏を迎える



庭の羽衣ジャスミンに一番花が咲きました

2017-4-30羽衣ジャスミン-12%.jpg





鈴蘭は元気に二本目を伸ばしています

2017-4-29鈴蘭-12%.jpg


近年花屋さんで売られているのはドイツスズランが本流


ドイツスズランは花茎が葉の上まで伸びており

日本の鈴蘭より少し太めで丈夫な性質らしい



日本の鈴蘭は、葉に寄り添うように楚々として

葉の上に花茎は出ない


別名「君影草」とは何ともお淑やかで優雅な名前であります





さて、今回の主題は木の花


4月28日

深大寺へ


ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)の花を見て来ました


深大寺境内に咲く名物の花です

2017-4-28-1深大寺ヒトツバタゴ-1-12%.jpg





2017-4-28-2ヒトツバタゴ-12%.jpg





2017-4-28-3ヒトツバタゴ-12%.jpg




この後、神代植物公園へ

2017-4-28-5神代植物公園本園-12%.jpg





ユリノキ

2017-4-28-6ユリノキ-12%.jpg


モクレン科の大木です


未だ花の本番前のようで花を探すのに苦労しました


高い位置の枝で2輪咲いているのを漸く見つけました



2017-4-28-7ユリノキの花-12%.jpg



ユリノキの植物名の由来は諸説ありますが


花がチューリップの花に似ているので

「チューリップツリー」の別名があり、こちらの名が相応しいです





ハンカチノキ

2017-4-28-8ハンカチノ木-12%.jpg


2個の苞がハンカチに似ているところからの命名



20数年前、写真の会の撮影会でこの木が植栽されて

初めて一輪開花したという日に偶然遭遇した思い出の木です



そして写真の師匠が体調不良ながらも撮影会に参加し

この木の下で集合写真を撮りました


それが師匠が参加した最後の撮影会でした


毎年この時期この木の下で当時を偲んでいます



紅花トチノキ

2017-4-28-9ベニバナトチノ木-1-12%.jpg



この木も師匠が元気な時に案内してくれた思い出の木です



2017-4-28-10ベニバナトチノ木-2-12%.jpg





長閑な花探索の一日でした


2017-4-28-11長閑な雲-12%.jpg



では又
nice!(30)  コメント(7) 

秋の「千本槍」 春に変身して「紫たんぽぽ」 [東京都立神代植物公園]

4月19日

連日の夏日

今日は26℃

3月29日神代植物公園の野草園でセンボンヤリの春の花の蕾を確認

2017-3-29-1ムラサキタンポポ-18%.jpg


秋の千本槍

2006-11-05-千本槍-10%.jpg2008-11-22-センボンヤリ-70%.jpg




3月29日 気温が上がり昼過ぎに再度確認

2017-3-29-2ムラサキタンポポ-18%.jpg


1年に2度 しかも全く違った姿で花を咲かせる

まこと不思議な植物です

2017-3-29-3ムラサキタンポポ-1-18%.jpg

未だ白い花弁で開花していますが

この後赤紫の色が現れます


2017-3-29-4ムラサキタンポポ-18%.jpg


花名が「紫タンポポ」と呼ばれます


4月5日

2017-4-5ムラサキタンポポ-12%.jpg




4月12日

残念ながら来園のタイミングが遅くなり

花が萎み始めておりました

2017-4-12-1-1ムラサキタンポポ-12%.jpg



花名札が書き換えられていました

2017-4-12-1-2ムラサキタンポポ名札-12%.jpg



観察の為3月下旬から毎週訪れての結末であります



では又


nice!(24)  コメント(10) 

ミツガシワ・三槲 [東京都立神代植物公園]

4月13日

漸く春の陽光

12日、桜の開花時期に合わせて花を見せる

ミツガシワ(三槲)の様子が気になり出かける

神代植物公園の水生植物園

2017-4-12-1水生植物園-12%.jpg


本園は桜見物で賑わっていることでしょう


こちらは人もまばらで静かな雰囲気で花探索



ミツガシワ、予想外に成長が遅いようで

漸く小さな花穂が見られる状態でありました


2017-4-12-3水芭蕉-20%.jpg





2017-4-12-4水芭蕉-15%.jpg






水芭蕉

2017-4-12-2水芭蕉-12%.jpg





これも水生植物の花

蛭莚・ヒルムシロ

2017-4-12-5ヒルムシロ-1-12%.jpg




2017-4-12-6ヒルムシロ-2-12%.jpg





射干 シャガ

2017-4-12-7シャガ-12%.jpg





山モミジ

2017-4-12-8山モミジ-12%.jpg

花見で賑わう中で殆ど無視されているモミジの花

「モミジに花があるの?」と問い掛けてくる人もいる




春の野草を探索して本園へ

2017-4-12-9山桜-12%.jpg



では又
nice!(25)  コメント(9) 

辛夷やカタクリが咲きました [東京都立神代植物公園]

3月26日


なんと言う事か真冬並みの寒さ

冷たい雨が一日中

奥多摩方面では雪が降ったよう


昨日は日和も良く神代植物公園へ出かけました


2017-3-25-1神代植物公園-12%.jpg




春蘭

2017-3-25-2春蘭-12%.jpg





辛夷(こぶし)が満開

2017-3-25-3辛夷-1-12%.jpg




2017-3-25-4辛夷-2-12%.jpg





カタクリの花が既に花期の後半、盛りを過ぎたように咲いていました

2017-3-25-5カタクリ-1-12%.jpg




2017-3-25-6カタクリ-2-12%.jpg






2017-3-25-7カタクリ-3-12%.jpg





2017-3-25-8カタクリ-4-12%.jpg






桜の古木

2017-3-25-9桜古木-12%.jpg


花が5輪咲くと「開花宣言」を出すそうなので


2017-3-25-10桜開花-12%.jpg

こちらでもいよいよ桜祭りの賑わいとなりましょうか



温室に寄りました


目的はヒスイカズラを見るためでした


2017-3-25-11ヒスイカズラ-12%.jpg



睡蓮を見て帰路に

これは熱帯スイレンです

2017-3-25-12睡蓮-1-12%.jpg




2017-3-25-13睡蓮-2-12%.jpg




では又
nice!(17)  コメント(4) 

春をたずねて [東京都立神代植物公園]

3月19日

17日陽気が良いので都立神代植物公園へ

2017-3-17-1神代植物公園正門-12%.jpg


桜祭りが始まるので定休日の臨時公開の看板が揚がっていました





2017-3-17-2園内花屋-12%.jpg

花屋さんの前から野草園に入ります


キクザキイチゲ

2017-3-17-3キクザキイチゲ-20%.jpg





樒・シキミ

2017-3-17-4シキミ-1-12%.jpg


良い香りが拡散しています


2017-3-17-5シキミ-2-12%.jpg





白木蓮・ハクモクレン

2017-3-17-6ハクモクレン-1-12%.jpg




2017-3-17-7ハクモクレン-2-12%.jpg




2017-3-17-8ハクモクレン-3-12%.jpg





東海

2017-3-17-9東海桜-1-12%.jpg




2017-3-17-10東海桜-2-12%.jpg





寒緋桜・かんひざくら

2017-3-17-11寒緋桜-1-12%.jpg




2017-3-17-12寒緋桜-2-12%.jpg





土佐ミズキ

2017-3-17-13土佐ミズキ-12%.jpg




2017-3-17-14土佐ミズキ-2-12%.jpg





《おまけ》

春の牡丹開花準備、剪定されている株を囲んで仏の座が


肥培の栄養を吸い取ったのか群がるように生えていました


2017-3-17-15仏の座-1-12%.jpg


余りにも盛り上がる様は異様な感じもしました


2017-3-17-16仏の座-12%.jpg




2017-3-17-17仏の座-3-12%.jpg




お彼岸です

寒さ暑さも彼岸まで


では又

nice!(18)  コメント(6) 

観梅 [東京都立神代植物公園]

1月25日


昨年ブログ友の「いろはさん」から「シモバシラ」の苗を頂きました


24日の朝、可なりの冷え込みでした

シモバシラの茎に初の霜柱が噴き出ました


2017-1-24シモバシラ-12%.jpg


我が家の庭では初めての景色でした




22日、温かな日和でしたので神代植物公園へ観梅に出掛けました


吉祥寺からバスで行くのですが

神代植物公園の梅見には深大寺口からが近いので

2017-1-22-0-12%.jpg

で下車



2017-1-22-1-12%.jpg




2017-1-22-2-12%.jpg





2017-1-22-3-12%.jpg


2~3本、早咲きの梅の木が満開ですが



苑内はまだまだ探梅



梅は探梅が楽しいですね


2017-1-22-4-12%.jpg






2017-1-22-5-12%.jpg






2017-1-22-6-12%.jpg






2017-1-22-7-12%.jpg






2017-1-22-8-12%.jpg






2017-1-22-9-12%.jpg





2017-1-22-10-12%.jpg






2017-1-22-11-12%.jpg






2017-1-22-12-12%.jpg




では又


nice!(19)  コメント(6) 

木立ダリア(皇帝ダリア) [東京都立神代植物公園]

11月24日

朝5時には雨

6時半頃から雪となる

TVもラジオ放送も「54年ぶり」「54年ぶり」を繰り返す


54年前何をしていたか思い返していた


漸く定職に在り付き夕方7時ころまで夢中で仕事をしていた毎日であった


新幹線の開通も、東京オリンピックも殆ど無関心で仕事一途であった



二度繰り返したくない過去の事です



11月の「降雪」は観察記録を始めて以来東京では初めての事とか


2016-11-24-1降雪-1-12%.jpg





2016-11-24-2降雪-2-12%.jpg




さて、神代植物公園のモミジ見物


長々と続けましたが今回で終わりにします



コーナーへの日の射し方が一番良くて

大勢の人が見物していました


2016-11-20-20紅葉-11-12%.jpg





2016-11-20-21紅葉-12-12%.jpg





2016-11-20-22紅葉-13-12%.jpg




2016-11-20-23紅葉-14-12%.jpg





2016-11-20-24紅葉-15-12%.jpg





2016-11-20-25紅葉-16-12%.jpg





2016-11-20-26紅葉-17-12%.jpg

1週間ほど前、新聞コラムで良寛さんの俳句が紹介されていました


「うらを見せ おもてを見せて 散るもみじ

辞世の句の一つだそうです


過ぎ越した人生を懐古する思いであります




2016-11-20-27紅葉-18-12%.jpg



立ち去り難く未練を残して楓コーナーを抜け出ました




木立ダリア(皇帝ダリア)

2016-11-20-28木立ダリア-1-12%.jpg



以前は神代植物公園の木立ダリアが開花すると

テレビや新聞が報道する名物の花でした


今は個人の家で時期になるとあちらこちらで見られ

特別珍しい花では無くなりました



でもやはり此処で木立ダリアを見られることは特別の思いがあります



2016-11-20-29木立ダリア-2-12%.jpg





4時頃雪止み、雲切れて青空が見えはじめました

2016-11-24雪止み青空が見える-12%.jpg




長々のお付き合いありがとうございます



では又



    

nice!(24)  コメント(9) 

もみじ見物 [東京都立神代植物公園]

11月22日

20日の続きです


2016-11-20-11紅葉-5-12%.jpg





2016-11-20-12紅葉-6-12%.jpg





2016-11-20-13紅葉-7-12%.jpg





2016-11-20-14紅葉-8-12%.jpg

マンサクの仲間だそうです




2016-11-20-15紅葉-9-12%.jpg





2016-11-20-16紅葉-10-12%.jpg





2016-11-20-17紅葉-11-12%.jpg





2016-11-20-18ラクヨウ-12%.jpg


2016-11-20-19タラヨウ名札-10%.jpg



次回に続きます


では又
nice!(13) 

冬桜 [東京都立神代植物公園]

11月21日

20日、気温が上がり暖かい一日になるというので


神代植物公園へ

紅葉の景色を見物することと


冬桜が咲いているだろうと、その見物に

2016-11-20-1冬桜-1-2-30%.jpg

静かな佇まい、淑やかさが魅力



お隣に十月桜が

2016-11-20-2-2十月桜-20%.jpg


違いは、冬桜は一重咲き

十月桜は浅い八重咲きで冬桜より少し大きい




石蕗 ツワブキ

2016-11-20-3ツワブキ-1-12%.jpg


キク科で今が旬

葉に艶があるフキ、「艶蕗・ツヤフキ」が訛って「つわぶき」となったそうであります


2016-11-20-4ツワブキ-2-12%.jpg


日和が良くミツバチでしょうか忙しく吸蜜していました




千本槍 センボンヤリ

2016-11-20-5千本槍-12%.jpg

大名行列の千本槍からの連想で花名が付けられました

春にも花を咲かせますが似ても似つかない可憐な「むらさきたんぽぽ」といわれる花をみせます




この日の目的の二つ目は

園内の紅葉を見物する事でした


樹木名には疎いのでご容赦願います


2016-11-20-6紅葉-1-12%.jpg




2016-11-20-7紅葉-2-12%.jpg





2016-11-20-8紅葉-3-12%.jpg





2016-11-20-9紅葉-4-12%.jpg







2016-11-20-10注意看板-12%.jpg




次回に続きます


では又

nice!(8)  コメント(4) 

狸豆 [東京都立神代植物公園]

10月21日

鳥取県でM.6の大きな地震がありました

穏やかな県と思ていましたが不気味な現象です


そんな折

庭の吉祥草が開花しました


吉祥草・キチジョウソウ

2016-10-21-2キチジョウソウ-15%.jpg


この花の「科分類」従来ユリ科でしたが

「キジカクシ科キチジョウソウ属」と改定されています

花名由来については

①この花が咲くと吉事がある

②吉事があると開花する

の謂われがあるというこですが

いずれにしても我が家にはその「吉事」らしい現象は確認されておりません




さて10月10日の都立神代植物公園の花探索の続きをいたします


藪煙草・ヤブタバコ

2016-10-10-38ヤブタバコ-1-12%.jpg

茎の下部の葉が煙草の葉に似ているのが花名由来とか



2016-10-10-39ヤブタバコ-2-12%.jpg




秋丁子・アキジョウジ

2016-10-10-40アキチョウジ-1-12%.jpg


本来この花は西日本の花でしたが

近年東日本で普通に見られるようになりました

関屋の秋丁子より花柄が短いのが特徴です


2016-10-10-41アキチョウジ-2-12%.jpg





白山菊・シラヤマギク

2016-10-10-42シラヤマギク-12%.jpg




野草園の南端に生えているタヌキマメ

お昼にならないと開花しないのでこの日の探索納めに現場に着くと

2016-10-10-43タヌキマメ-1-12%.jpg


花期は終わりになって幾つか残り花を探しました


2016-10-10-44タヌキマメ-2-12%.jpg



残念な思いで帰路出口へ



ヤマツツジが咲いていました

2016-10-18-3ヤマツツジ-1-12%.jpg



2016-10-18-4ヤマツツジ-2-12%.jpg






2016-10-10-45園内花屋さん-12%.jpg

花屋さんに寄ってみました


なんとお店にタヌキマメの苗が陳列されていました

予想外の事でした

見るだけにして

お店の人に「この花撮っても良い?」とことわり撮影


2016-10-10-46タヌキマメ-3-12%.jpg




長々と野草園を続けましたが


これで終わります


では又


nice!(16)  コメント(7) 
前の20件 | - 東京都立神代植物公園 ブログトップ
メッセージを送る